プロフィール

三上 亮(みかみ りょう)

プロフィール

 東京芸術大学音楽学部首席卒業後、明治安田クオリティオブライフ文化財団、ロームミュージックファンデーションなどから助成金を得てアメリカ南メソディスト大学メドウズ音楽院、ローザンヌ高等音楽院、メニューイン国際音楽アカデミーで研鑽を積む。景山誠治、エドゥアルド•シュミーダー、ピエール•アモイヤル、アルベルト•リジー諸氏に師事。その間、安宅賞、日本音楽コンクール第2位、ブリテン国際ヴァイオリンコンクール特別賞、フォーヴァルスカラシップ・ストラディヴァリウスコンクール第2位など受賞。カメラータ•リジーや、カメラータ•ローザンヌのメンバーとしてスイス国内を拠点にヨーロッパ各地で演奏した。2007年ルーマニアエネスコ音楽祭にも出演しテレビ放映される。ローザンヌ室内管弦楽団、東京交響楽団などと共演。 2007年に帰国後、札幌交響楽団コンサートマスター、東京芸術大学非常勤講師、日本音楽コンクール審査員など歴任。

 2013年秋、巨匠ピアニスト、イェルク.デームス氏とデュオリサイタルを開催し、好評を博した。また2017年春は全国5都市でリサイタルツアーを行った。その他、慰問演奏会、チャリティにも積極的に取り組み、2013年に長崎で開催した福島の農業支援団体へのチャリティコンサートは、MHKで取り上げられるなど注目された。NHK-Eテレ「らららクラシック」、NHK-FM「気ままにクラシック」などにも出演。ローザンヌ室内管弦楽団、東京交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、札幌交響楽団などとコンチェルトを共演。

 室内楽では、2008年に結成されたヴィルタス・クヮルテットの第1ヴァイオリン奏者を務めている。2013年に発足した「いわき室内楽協会」のもと、いわきアリオスにて年4回の定期演奏会を行なっている。第2回ウィーン・フィル&サントリー音楽復興祈念賞受賞。ベートーヴェンの作品を主に取り上げ、東京近郊での定期的な演奏会や札幌、仙台、また各地でのラ・フォルジュルネに参加など意欲的に活動している。

 その他、サイトウキネンオーケストラ、水戸室内管弦楽団などへの参加や、各地のオーケストラのゲストコンサートマスターとしても活躍。

 使用楽器は、2016年4月より貸与されている1628年製ニコロ・アマティ。